パンくずリスト

  1. Home
  2. コンテンツ
  3. 理事会メンバーの紹介

理事会メンバーの紹介

理事会メンバー紹介

木元 聖花 理事長

 漢方食品研究者。中国漢方医の家庭に生まれ育つ。
中国大連軽工業大学で生物工学を専攻し、当大学教師になる。二十数年間一筋
に人の老化防止の研究に取り組み、日本企業の研究機関、ヤエガキ醗酵技研・技
術開発研究所で9件の特許を開発する。ヤエガキ醗酵技研㈱主任研究員を経て
現マルセイ、木元聖花漢方食品研究所取締役所長。

 三回100キロウォーク大会に参加し完歩、毎回自己記録を更新し、完歩記録を
更新し、完歩記録19時間30分。2008年4月に木元聖花漢方食品研究所を
設立。現在は「免疫・漢方・醗酵」、「免疫力と食品」、「聖花流漢方免疫健康法」
などのテーマで講演活動に奔走中。

2005年からがん患者を支援するWAHAHAの会を立ち上げ、活動し続けている。

 昭和61年中国政府派遣研究生として広島大学に初来日し、元日本生物工学会
会長永井史郎教授の元で本格的な研究をスタート。安保徹先生との出会いで長年
求めてきた漢方の理論的根拠を見いだし、理論と実践の上で独自の漢方免疫健康
法を樹立する。平成13年日本国籍を取得。著書に「免疫力を高める漢方養生-
体の漢方心のサプリ」(牧歌舎出版)。


三鍋 和美 副理事長

  MWT(メンタルウエルネストレーニング)協会 上席指導講師
  ココトレトレーナー
  イプラス外部指導トレーナー
  NLPマスタープラクティショナー

母の癌発病、闘病生活の経験から「心の問題」「心の持ち方」が体に大きく作用することを痛感。
 病気になりにくい心の持ち方、 闘病時における心のケア、治る為の心の持ち方
実はどれもさほど変わらずシンプルなのですが、心は生き物で実際には難しいものです。
 病気であっても病気でなくても、心のバランスを取る為のトレーニングが
よりよい人生を送るために有効だと考え活動しています。


塩本 邦夫 理事

 11年前に大腸がんを患い手術。一年後肝臓に転移がみつかり、二度目の手術を受ける
ガンをわずらったことをきっかけに、生きることと死ぬことについて真剣に考える
ようになる。2000年12月から約一年かけて四国88か所巡礼を行う。今は手術の後遺症
と付き合いながら元気で暮らしている。ガンを生き抜くには、体力の強化が大切であることを実感する。そして、なによりも、生きる気力を常に持ち続けること。がんに
なる前には気づかなかった自然の大切さを知る。自然とともに生きること、常に前を
向いて感動する心、青春を求めて生活する。


赤松 京子 理事

看護師・基礎心理カウンセラー

30数年看護師をしております。
医療者の立場、家族の立場と経験し、
この度 WAHAHAの会のメンバーとして参加させていただきます。

母は胃癌で手術し、5年後 腸に違和感があり診察を受けました。
「特に癌ではなく手術したほうがいいですよ」と言われ、嫌がる母を納得
させ受けさせました。院内の病理結果も癌ではなかった。
しかし、執刀医師が外注の検査に提出したところ、「癌の結果が出てかなり悪い」
廊下ですれ違いに簡単に伝える。(私はしっかり理解できない)
母は手術をして、どんどん衰弱してゆきました。
気丈な母は、孫に自分のお葬式に着る喪服を買うこと、葬儀の段取りを私に伝え
天国に旅立ちました。

今まで、看護師として、多くの患者さんと関わり、自分の反省、そしてこれからの
生き方、時間の使い方を皆さんと一緒に考えていきたいと思います。

前田良枝
防アトピー活動家