人間性を向上させ魂が困った世界から抜け出ると病気の世界からも抜け出ます

カテゴリ未設定
酵素風呂を行なっていた私の分家の人が癌になり医者にかかり死んでしまいました。彼の入院中、私が見舞いに行くと彼は言ったのです。
「今の医学は大変進んでいる」と。それでは何故死んでしまったのか。
彼は自然治癒力、大自然の力が分からず人間のちっぽけな頭で考えた科学の方が素晴らしいと考えたから抗がん剤などで苦しんで死んだのです。
彼の死後、次々と出てきたのが彼が菌の出所である私に無断で作った孫分家です。私には全く知らないお方が私の所に電話をしてきたのです。私は貴方を知りませんよ。亡くなられた方のところに聞かれたらどうでしょうと申し上げたのです。筋が通っていないからです。人の道から外れているから。
しかし考えてみるとこの方達も被害者です。彼の我侭、我欲で被害を受けたのです。金儲けの欲は大変な罪を作ります。
毎日酵素風呂に入り癌になるはずがないのに癌になり苦しんで死んだ。我欲と言うものはなんと恐ろしいものかと思いました。幾ら見える世界で薬だ、酵素風呂だ、食べ物を良くしなければ、生活習慣を正さなければと実行して行っても、その人の人間性が低く、我欲で心・魂が汚れ腐っていてはダメです。先ずは心を掃除して持つ魂を磨いて人間性を向上させ、真人間にならなくてはダメだという事です。
天なる神が仰せになっておられます。
「人間の道とはどこにあるか。自分が良心に恥じないところに人間の道がある」と。
利己心をやめ、利他になり自我を直し無我になる事が最も大切です。以上

ぬかに釘じじい  竹内 忠司
2017年04月02日 10:30ぬかに釘じじいの寝言
コメントの投稿フォーム
お名前
パスワード
画像添付
コメント本文