【高熱風呂に騙されて、海老蔵の麻央ちゃんは かわいそう】

カテゴリぬかに釘じじいの寝言
世の酵素風呂と称しているところは、殆ど酵素がない。高熱風呂です。65度とか70度あると喜んでおります。何故か。65度の温度になると酵素は死んでしまうからです。だから酵素はないのです。

それは農業の世界を歩いて来た者でなければわからない。あらゆる種子は水と温度を加えたら発芽をすると思っているが、親から頂いた遺伝子とアミラーゼという酵素が働かなくては発芽をしない。草を発芽させない方法として畑に水をよく撒いて、上からビニールをかぶせると夏の時期では65度以上70度に達する。すると草の発芽はしない。何故か。アミラーゼという酵素は高温のため死滅するからである。酵素が死滅してしまった酵素風呂と称する糠の中に何千回入っても無い酵素の効果はありません。何故、酵素が存在する酵素風呂でなければ効果がないのか。

その原因は私達の体(身)の中には100兆個の微生物がいると言われている。100兆個の微生物と60兆個の細胞と68%の水分で構成されていると聞く。その100兆個の微生物が分泌するものがその人その人の体に合った酵素だと効く。その酵素が体に入ってくる栄養を肉にしたり骨にしたり血液にしたり目にしたり毛にしたり皮膚にしたり、ありとあらゆるものに変化をさせて人の体を構成していると言われている。

何故、本物の酵素風呂はありとあらゆる事に効果があるのか。それは本物の酵素風呂にはグラム中100億ぐらいの微生物がいると推定されている。その中に埋まるということは酵素に包まれるという事です。包まれると私達の体の中にいる100兆個の微生物と外の酵素風呂の微生物が温度を通信手段として交信するのであろうと思われる。外にいる酵素風呂の微生物酵素の生命波動熱が体の中へ押し込まれ、一方 体の中にいる微生物酵素が熱を引き入れるようである。「押し込む、引き入れる」共同作業により骨まで生命波動熱が到達して骨が汗をかく。

骨髄癌を患っておられた方が酵素風呂に何回も埋まられた結果、背中から癌が表面の皮膚に盛り上がるように噴き出してきたことがあった。癌は熱に弱いから骨が熱くなってきたのでそこにいられなくなり涼しいところの表面に出てきたのです。そのような事がありました。

そういう事から癌は冷えるところにできやすいから乳癌、子宮癌、胃癌などが多いのです。逆に心臓癌や小腸癌や脾臓癌などは少ない。その臓器達は高温だからです。始めに書きましたが、高熱風呂では効果があまり無いと書きましたが、私のところの三木市の酵素風呂に愛媛県輪島市から来られた方が言われるのに近くにある酵素風呂に1年半通ったが効果が無かった。今考えると臭いも激しく高熱風呂だったのです。

娘が兵庫県西宮に在住しており「お父さん、三木の酵素風呂に来るべきだ」と言うので来て、1回入っただけですごい効果があったと驚いておられました。何故か。それは酵素があるか無いかの違いです。本物の酵素風呂とはまず微生物が住む家がなければなりません。そして寝る寝間が必要です。そして微生物が心地よく住める空間が必要ですので、電気バランスを考えなければなりません。そして微生物の大好物が必要です。その他 繁殖がどんどん進む元気になる条件が特殊な水などで整のわなければなりません。そうすると効果が出てくるのです。

本物の酵素風呂を経営したい方はその責任者は常に酵素風呂に埋まり、自身の肌で電気バランスや微生物の好物が足りているか減っているか、住む家また寝間、住み良き空間の状態や繁殖の強弱で酵素風呂の馬力が変わるのでその状態を把握しておかなければなりません、酵素風呂の部屋に入る時、扉を開けた瞬間 感じる雰囲気で良し悪しがわかるように感覚を磨く必要があります。それには早朝4時頃に起きて酵素風呂の部屋に入ると良くわかります。「儲けたい、儲けたい」の乞食欲の心があればわかりにくいものです。

現在 奇病・難病と言われている癌を代表にアトピー、うつ病、糖尿病、膠原病 なども自分で自分を治す現象が見え始めます。医学では知っておりませんが必ずリバウンド、好転反応が出てきます。そして体内の溜まっている毒が排泄されていきます。そうすると体は元の健康へ改善されていきます。これこそが自然治癒力です。これに勝るものはありません。西洋医学は終焉です。

ぬか に 釘じじいの寝言 竹内

2017年6月3日
2017年06月03日 15:48ぬかに釘じじいの寝言
コメントの投稿フォーム
お名前
パスワード
画像添付
コメント本文