全ての世界はバランスです

カテゴリぬかに釘じじいの寝言
幼少の頃より人は私を少し変だと言う。
なぜかと申しますと、人間は何をするためにこの世に生まれてきたんだとか、太陽はなぜ東の空から昇るのかとか、水はなぜ上から下に流れるのかとか、岩にぶつかっても音ともしない左右に流れてなぜなのかとか、思うのでそれを他の人に言うと、「おかしな子どもだ」と不思議がり君が悪いと思うのです。大人になって会社に勤めても、上司は「使いにくい男だ」と言う。

そうしているうちに24歳の時予言通り出られた救世主に会い、人間なにをしに生まれてきたのかの目的を教えてもらい、これぞ真と感じて50年。
現在、酵素風呂なるものを自分の意思とは全く違い、自然になってしまって15年になります。

それでこれを書いております。
微生物による酵素風呂について微生物の発酵熱により、また微生物の分泌する酵素により、本物の酵素風呂を天なる神によりさせられていると思っております。

現在、酵素風呂と称するものはたくさんあるが、酵素風呂とは似ても似つかぬ、人体に悪い事はあってもなんの益もない、それを酵素風呂と称して、偽物の酵素のいない高熱風呂が90%以上保健所の許可の下、営業をしておるのが日本の現状であります。

私がなぜそのようなことを申しますかというと50年間、長靴を履いて農家を周り、自然界を見つめてきた結果として申し上げているのであります。
現象のものは全て、土から生まれてきたものばかりであります。
虫たちもそうであるが、動物たちも土から出てきた、それは草を食べ、肉食獣は草食動物を食べ、頂点に立つ人間は、石や瓦以外のすべてを口にする。即ち土の変化したものである。その土を作り上げているのは微生物であります。
落葉樹が葉を落としてそれを虫たちが食べ、糞を出し、また次の虫たちが分解し、最後の最後は微生物が分解する。

私は、たい肥製造の世界に入り、たい肥を作っているときに体験した。
それは製造の初め頃は、未熟物が多い、その時点ではすごい発酵をする。その中で温度が70度以上になると微生物が仮死状態になり。高温のため繁殖を止めてしまう。このことを専門の先生に教えていただいたのです。
それでは困るので温度を下げるのに、ショベルで物を動かし、空気に触れさせ温度を下げる作業をする。
大学の教授たちは、発酵温度は呼吸熱だと言うが、何千トンのたい肥を作る途中、私の観察の結果、呼吸熱ともう1つは繁殖するとき、凄まじい繁殖熱が出る。作業が進み半年ほどすると温度が40度くらいで低迷する。それ以上は上がらない。
なぜその時期に温度が低迷するのかと考えると、この時期こそ酵素が生み出されている時期なのだと気づいた。
60度以上になると酵素は高温のため殺され始める。70度になると酵素は全滅する。それは自然の法則の世界であります。
今度は、温度を上げる為にショベルで物を動かす。それを繰り返し1年程すると、完熟になる。
そうすると温度は25度くらいで安定してしまう。(植物の発根には一番良い温度になる、地下水が一定の温度を保つのと同じで自然界はすごい)
すると、微生物はあまり繁殖しなくなる。
そのときの微生物の種類はどのような種類かを考えていると、生まれてから死ぬまでのスパンが長い年寄りの微生物ばかりになっている。
エネルギーが少ない、なぜかと申しますと、子どもを産まない、繁殖しない。
だから熱が上がらなくなる。
これを大学の教授連中に言うと全員が吃驚していた。年寄りばかりで無く、若い微生物も必要。
その割合バランスが大切なのであります。そこを捕まえなければ、58~60度の酵素風呂にはならない。
酵素を殺さず、温存させ、そして埋まって温かい温度を保つ。それでなければ私たちの細胞を活性化させることはできない。先程、若い微生物ばかりだけでは温度が高くなりすぎ、高熱のために酵素は死滅してしまい、なんの意味もなくなる。酵素があっての世界です。

ほとんどの人が酵素風呂の本当の中身を知らない。
海老蔵のまおちゃんの話ですが、あれは酵素風呂とは似ても似つかぬ、酵素が死んでしまっている高熱風呂であったがために効果なく、まおちゃんは死んだのです。
本当の酵素がある酵素風呂なら死んではいない。

先程、若い微生物ばかりだけでは温度が高くなりすぎる、そこに年寄りの微生物も参加させれば良い状態になる。これを考えると私たち人間社会にも思い当たる事がある。若者もいる、子どももいる、老人もいる。3世代が共に生活することが自然で一番、健全な社会構成となる。
今の日本の社会構成をみると、金じゃ、経済じゃと自分さえ良ければよいの利己、利己、利己の渦が巻いている。
家を建て、マンションを建て、若い者は都会に集中し、年寄りは田舎に置き去り、そこに恐ろしい不健全をみる。

政治関係者は「仏を作って魂入れず」何をしているのか。税金泥棒めが。
本当です。何がかけ蕎麦か。何が盛り蕎麦か。
東京はもちろん。都会に住む人間たちは動く死体ばかりです。早く水爆か原爆を頭上に見舞ってやってください。
効果のある殺虫剤を。



ぬかにくぎじじいのねごと
2017年09月11日 11:43ぬかに釘じじいの寝言
コメントの投稿フォーム
お名前
パスワード
画像添付
コメント本文