【全て神のものである、自然そのものが神である】

カテゴリぬかに釘じじいの寝言
肉体は土から生まれて土に帰る。魂は神から分派して神に帰る。命は癌細胞から始まって癌細胞で終わる。すると大往生する。

肉体は土の変化したものである。霊魂不滅と言われる それが魂である。癌細胞から出発したものが命である。これらは全て自然の世界。

この自然の世界は138億年前、神がお作りになった宇宙でございます。神の御意志、そのように考えますと肉体も魂も命も全ては神のものです。神から預かっているものです。

私達肉体の世界は縦横高さに時間のある目に見える世界です。その前があったと言う。それは縦横高さに時間のない世界がある。私達は実は元々縦横高さに時間の無い世界にいたのです。母親の体内に宿って そこで初めて肉体を持たされたのです。

けれども私達人間は両方とも持たされています。それは肉体と目に見えない心、魂、思い、良心です。それを考えると縦横高さに時間のない世界がわかります。

宇宙物理学ではまだその前があると言う。それは何かと尋ねてみると「真理」だと言う。「真理」とは何かと聞くと、絶対なる正しい神だと言う。その神の御意志で宇宙、自然界は作られたのであります。だから先人達は宇宙には気が流れていると言うのです。その気は何なのか。それは神の御意志の気であります。私達は生かされておるのであります。決して生きているのではありません。その証拠があります。寝ている時、誰が私達の心臓を動かしているのか、それを考えると感謝しかありません。よく耳にする事に、朝起きて来ないので寝室に行ってみると死んでしまっている人があるから。神の手が離れると心臓は即座に止まるそうです。

考えなければならない事は肉体も命も自分のものではないという事を知る事です。ですから肉体や命に執着してはいけません。肉体や命に執着すると心配の世界、迷いの世界、死の世界に陥るのです。そこは苦しい地獄の世界です。
2017年09月23日 16:17ぬかに釘じじいの寝言

コメント

榮義之 2017年10月01日 08:25
昨日は、いろいろお話お聞きできありがとうございます。
水を2リットル、甘い物を昨日から病めました。
左右脳内出血&小脳内梗塞になり、神の愛と恵みに生かされ感謝です。
今日も生駒市と大阪市で午前と午後メッセージ。
言葉も日々回復中です。
ふろ天国ありがとうございます。
ご健康とご活躍を祈ります。アーメン。
コメントの投稿フォーム
お名前
パスワード
画像添付
コメント本文