【不成仏を成仏させる真の世界絶対平和の祈り】

カテゴリぬかに釘じじいの寝言
昨夕、乳癌になられた女のお医者さんが来られた。職業をお聞きしてお医者さんだとわかったのです。その方が言われるのに「医者でありながら癌になった事、そして私は心が悪い」と言われた。反省を知った方です。私は「今に国民全員が癌になる可能性があります」根拠は現在、空気も土も水も汚れきり、その上 食べ物はほとんど毒ばかりです。砂糖は溢れ、癌の原因は山のようにある。その上 人間はこの世に何をする為に生まれてきたのかを知らず、霊的に先祖代々 悪因縁は山のように積んできてある。癌にならないのが不思議なぐらいです。時が来れば全員が癌になるだろうと私はおもっております。

それは医者であろうが、政治家であろうが、徳を積んでいる人であろうが避ける事のできない時です。ここで気がつけなければならない事は悪因縁であります。自分の前世の悪因縁を代表に先祖が山のように積んできている悪因縁。この先祖様に成仏して頂かなくてはどうにもならない。そのためには次々出てくる試練(病気、不慮の怪我・事故、あらゆる困る現象、人間関係 等々)を解決していかなければなりません。そのためには天なる神様に届く正しい祈りがなくてはなりません。それが因縁が切れる世界絶対平和のお祈りです。

次々 出てくる試練に対し「これも前世の因縁か」と思い、現在の自分の心にある悪癖を治す肚を作り、正しい悪霊済度、世界平和の正しい祈りをする。この正しい祈りの世界に入らなければ助からないし救われないのであります。

私は今から50数年前に釈迦・キリスト・日蓮の予言通り、日本の一角に出ておられた宇宙絶対神の化身であらせられる救世主にお会いしたのです。3日の予定で行ったのですが恐ろしいほどの ありがたいお姿に気がついて見ると55日間 救世主の前に座らせていただいて御説法を聞いておりました。その時に教えていただいた世界絶対平和のお祈りです。救世主は「2300年後までこの祈りで行くぞ」と仰せになられました。私は教えていただいたお祈りを始めると思いもしない結果が次々と良い方に変わってきたのです。

まず御先祖様が大変喜ばれました。その結果、99歳になって6年間も寝たきりの生活をしていた祖母が因縁が切れた結果 安らかに昇天したのです。その時の私の喜び・嬉しさは天に昇るような心境でした。

また私を産み育ててくれた御袋は昔から胃が悪いので生の水を飲む事は私が幼少の頃から見た事がなかった。必ずお茶でした。兄嫁が言うのに昇天する日は御袋が兄嫁に「今日は生の水を大きなコップに一杯持って来てくれ」と言う。兄嫁が私が嫁いできてから1回も生の水を飲まれた事はない。お茶の間違えではないかと何回も聞き返しても「今日は生の水を飲む」と言ってきかない。兄嫁は仕方無しに生の水を汲んで来て渡すと、一気に飲み干し「美味しかった、ありがとう」と言った口の下すぐ息を引き取ってしまった。兄嫁は看護婦をしておったので血圧計を持ってきて測るのも間に合わなかったと言っていた。

父親の場合は95歳の時にある日、兄嫁に「お世話になるのは今日までや」言ったので、変なことを言うと思い、気をつけるため隣の部屋で寝たそうである。そして次の日の朝、ふすまを開けて「お父さん、おはようございます」と言うと、父親も起きて「おはよう」と言った次の瞬間「す~」と死んでしまったという。人は最後は楽に行きたいと誰もが言うが、真人間になる為の心の掃除と世界絶対平和のお祈りがいるものだとの絶対の証拠であります。

私が神教えを聞くまでお祈りのない時の事です。私の家は父親が退職後ニワトリを3千羽ほど飼って生計を立てておりました。私達男兄弟が寝ている近くの井戸端でニワトリの料理をするのです。夜中1時頃になるとその方向からニワトリの「こっこっこ~」という鳴く声が聞こえるのです。何ともうす気味悪い声です。弟に聞こえるかと耳をすまさせても聞こえないと言う。私にははっきり聞こえるのです。それが神教えを聞かせて頂いて家で世界絶対平和のお祈りをするようになると数はわからないがニワトリの不成仏の霊がバタバタと成仏していく感じがする。それからは一切聞こえなくなったのです。

男兄弟3人は2才ずつより間が空いてないから毎日のようにケンカをしておりました。そのケンカがなくなったのです。目に見えない世界の不成仏の影響でケンカをさせられていたのです。それがよくわかります。いかに利己でなく世界絶対平和の祈りが大切かが恐ろしいほどわかります。宇宙絶対神の化身であらせられる救世主はよく仰せになられた事に「正しい祈りがなければあらゆる災難・災害で消えて行く、もはや生きて行く世界はないぞ、祈れ、祈れ、悪霊済度のできる世界絶対平和の祈りを祈れ、祈れ」と最後の最後まで叫ばれて御昇天 あそばれたのであります。
2017年12月25日 17:02ぬかに釘じじいの寝言
コメントの投稿フォーム
お名前
パスワード
画像添付
コメント本文