【酵素が出す生命波動とは何?】

カテゴリぬかに釘じじいの寝言
家庭でペットを寝かせることのできるペット用の酵素風呂ができました。ペットの全身に癌ができていても2週間か3週間も寝かせると簡単にコロコロと治ってしまう。何故?弱っているペットも元気なペットも動物は本能的に自分の体を癒すものだとよく知っているから、そこ以外では寝ない。酵素風呂の上やら側に来て寝る。すごいことです。

日本は動物の死体の肉などで作ったあまり良くないドッグフードやキャットフードなど名前をつけて販売をしている。それを知らずに買って食べさせているのでこの頃は犬も猫も癌になるのが多い。

ドイツでは法律があり、そのような物を作らせない。ドイツから輸入されているところがあります。ドイツの物を食べさせると元気になります。

何故ペットは酵素風呂が出す生命波動で3週間ぐらいで癌が簡単に治ってしまうのか、人間は何故治りにくいのか。これは明らかに邪念の問題だと思われる。犬や猫は長生きがしたいとか世をはかなんで死のうと思って首を吊った者もいない。夜寝ずに吠えて番を良くしたから、餌を沢山くれと言った犬もいない。自然のままである。これ全て邪念がない姿である。

人間様には悪いが人間は邪念が多く、それが邪魔をして中々治らないのではないかと思われる。ペットの結果を見ていると。人間様には失礼ですがとりあえずペットの所まで邪念を捨てる努力が是が非でも必要だと思います。死ぬ生きるを超越していつ死んでも良いところへ心を持って行く事です。そこを通り抜けなければ前に進まない。

そこを通り抜けるためにはまず1番に人間この世に何をしにきたのかを知ることです。それを知らないから全ての人間は迷っているのです。命に執着する肉体に執着するのです。そこが邪念の出所です。

実は人間はこの世に人間性を高める為に生まれて来ているのです。ではどのようにすれば人間性を高める事ができるのか。それは昔から言われている煩悩(心に浮び出る悪い思い)を払い除ける。これ以外に方法はありません。

妻以外の女性を、夫以外の男性をという不浄の心。又 あれが欲しい、これが欲しいと思う心。欲の浄化をすることです。憎い・可愛いの差別の心の浄化等々。心の浄化に努めなければ邪念は消えない。他の事は考えずにそこだけに集中して我がままを取り除いて生きていけば、ペット以上になる。

肉体には肉体の全てを治す装置が一人一人の体の中には備わっています。一言で言えば心の姿が肉体の姿ですので心が治れば肉体は自然に治ることになるらしい。素直な心の人は特に治りやすいと思います。昔から「心光れば顔光る、光る顔が己の境遇を支配する」と言われて来ております。

それと病院やら医者が癌か癌でないかを判断する癌マーカー(腫瘍マーカー)は面白い。

人間の精神面が落ちて不浄になって行くと癌マーカー(腫瘍マーカー)は上昇していきます。逆に人間の精神面が浄化され清浄になればなるほど癌マーカー(腫瘍マーカー)は下がっていきます。まるでシーソーのようになっています。とりあえずペットのところまで邪念を出さないようにしたいものです。
2018年03月07日 15:28ぬかに釘じじいの寝言
コメントの投稿フォーム
お名前
パスワード
画像添付
コメント本文