【年に一度のぬか天国の総会を過ぐる3月13日に行いました】

カテゴリぬかに釘じじいの寝言
総会をさせて頂いた場所は、兵庫県三木市のホースランドパークで開催いたしました。東京都八丈島からも群馬県からも九州各地から遠い所から40数名の方々が集まってくださり、意義深い一日であり皆様は大変良かったと満足していただきました。

私の所では自然に嫌な臭いの無い酵素風呂になって15年が経ちます。5年ごとに考えてみると始めの5年は不思議な事が次々あり、癌の人も糖尿の人も透析をされている方も四十肩の人も腰痛の人も足の痛い方も中には酵素風呂に埋まっているとき顔の中心当たりで「ブチンッ」と大きな音がして息苦しかった鼻の通りが良くなった人やリウマチで困っておられる方や片っ端から良くなっていく。「一体何やねん」と思う事が多くあった。

6年目位からそのような現象が鈍くなり、癌の人など良くなりかけてまた悪くなり また良くなりかけてまた悪くなる。行ったり来たりするようになった。

「変やなあ」と思っている時に始めから数えて10年程過ぎた頃、ペットの犬や猫を連れてくる人が現れ、ペットの全身に癌ができ、後2・3日の命だと獣医さんに言われ縋る思いで聞きつけて酵素風呂に来られるのである。

酵素風呂の上に毛布を敷き乗せると喜んで寝る。すると全身の癌が2週間から3週間で次々と消える。動物病院に連れて行って獣医さんに診てもらうと癌が消えているので「どないしたんや」と言われる。飼い主さんも「どうなっているんですか」と獣医さんに聞く。獣医さんが「癌が治ってしまっている」とびっくりされる。とにかくペットは元気になってしまう。人間と治り方が半端ではないほど早い。

よくよく考えてみると前のブログにも書かせて頂きましたが、ペット達はまた動物達は長生きをしようとも世をはかなんで死のうとも思っていない。願う事がない。欲がない。難しく言えば自我がない。邪念がない。だから実に簡単に治るのではなかろうか。ここが一番のポイントではないか。邪念を取り去ることや我を取り去ることに気付かされた。

人間もペットのように長生きしたいとか治りたいとか死にたいとか自我を止め、無欲になると簡単に治るのではないかと気付かされました。終極は心が決める。癌の目的はどうもここにあるような気がする。
2018年03月15日 15:13ぬかに釘じじいの寝言
コメントの投稿フォーム
お名前
パスワード
画像添付
コメント本文