【知っておかなければ命が危ない】

カテゴリぬかに釘じじいの寝言
自分の体の中の事は少しくらい知っておく必要があります。体には60兆個の細胞と68%の水で成り立っております。その前があります。私達の体の中には100兆個の微生物が住み着いております。その微生物が分泌するものが酵素であります。酵素に至っては種類も数もあまり膨大なのでわかっておりません。

病気になる順番はまず飲む水が悪ければ100兆個いる微生物が弱る。微生物が弱くなると酵素は弱る。酵素が弱ると60兆個の細胞が弱くなる。すると病気になる。悪の連鎖です。その逆、良い水を飲むと100兆個の微生物が元気になる。微生物が元気になると酵素が元気になる。酵素が元気になると60兆個の細胞が元気になる。そして正常な働きの元に病気が治る。良い連鎖です。

あと一つあります。それは体温です。体温は36度5分以上37度3分までが私達の基礎体温であります。35度台になると病気になります。特に癌になる。癌は体温で決めてあります。体の中を知れば自分は勝手に生きているとは思わなくなる。微生物・酵素のおかげで生かされていると感謝が出る。もっと大きく言えば自然の力で生かされている事がわかります。すると全てに感謝が出来るようになる。すると体温が益々上昇して免疫が強くなってくる。病が付かない世界に入ってくる。

酵素について同じ物を食べても目になり皮膚になり血液になり骨になり体の全てを構成してくれます。これは全て酵素の力であります。

ここから風呂の酵素パックの説明に入ります。酵素パックを湯の風呂に入れると酵素の波動が体には感じない微振動に変わり湯の中で広がる。その中へ人が入ると体の中の酵素とが一体となり微振動を通じて体の芯に熱として入ってくる。これは酵素が持つ特有の生命波動熱であります。他にないようです。よく温もり中々冷めない、いつまでもポカポカする。


             竹内商会「ぬか天国」
             兵庫県三木市別所町下石野1309
             0794-82-2686

2018年08月18日 15:49ぬかに釘じじいの寝言
コメントの投稿フォーム
お名前
パスワード
画像添付
コメント本文