本庶氏のノーベル賞について考える

カテゴリ未設定
2018年10月2日火曜日。ノーベル賞に選ばれた本庶氏が新聞テレビで報道された。がん免疫療法確立(オプジーボ実用化)と大見出しで、その内容については一般の人にはわかりにくいのではないかと思い、馬鹿な私が解説すると誰にでも分かるのではないかと思い、説明したいと思います。

現在の抗がん剤はがん細胞を直接攻撃して殺す発想のタイプの薬が大半を占める。これに対し、本庶氏が、がん細胞が人の免疫力から逃れて生きる仕組みを阻止して免疫細胞の攻撃力を高めて治療する全く新しいメカニズムの薬を開発した。(上部新聞から抜粋)と云うことで、関係者が絶唱してまた世間が騒いでいる。
しかし、本庶氏の研究の結果を一般の人にもっとわかりやすく申し上げますと、
細胞には3つの細胞があります。まず一つは私達の細胞、これを正常細胞と呼んでおります。もう一つはがん細胞、後一つは免疫細胞と呼んでおります。この免疫細胞とは、私達を絶対に守る細胞と言われております。がん細胞が私達を殺そうという形になりますと、それをしてはいけませんと言って、阻止する役目の細胞なのです。その様な仕組みが体の中にあるのです。それを免疫システムと呼んでおります。
がん細胞が枠から外れて私達を殺す形になると、私達を守る為、免疫細胞ががん細胞に立ち向かうのです。がん細胞が枠から外れるということの説明を致しますと、がんは本来、私達を分からないところの影から私達を見守ってくれているのです。が、私達の心、私達の食の乱れ、及び生活そのものが人間道から大きく外れてくると、それを正す為、直しなさいと私達の命をつかんで警告のために出てくるのであります。
その時、免疫システムが働き激しく免疫細胞ががん細胞に立ち向かうのですが、がんは私達正常細胞より、免疫細胞より何十億年も早くから生命の出発として存在しているので、あらゆる学習をしてきているから免疫細胞の全てを知っている。体の中のシステムも知っている。でありますから、もちろん免疫細胞の弱点も知っている。その上で免疫システムの働きを弱め、がんは思い通りにしようとする。それをさせない薬を本庶氏は作ったというのである。すると、私達を守る免疫システムはその薬の助けを借りてよく働き、がんをやっつけるというのである。
しかし、がん細胞は35億年の長きに渡り、地球ができたときの劣悪な環境の中を通過する時にあらゆる艱難辛苦と学習をしてきておりますので遺伝子まで組み換えて抵抗してくるのであります。がんを甘く見てはだめです。だから、本庶氏が作った薬は少しの間、薬の効き目はあると思いますがすぐにがんが対抗策を考え出してくるので薬の効き目がそのうち無くなるものです。
本庶氏には申し訳ないのですが、本庶氏の研究の中に人間の持っているはずの体温という一番大切なものが抜け落ちているのであります。それはどういう事なのか。
この一番大切な体温---現在医学は体温のない死体解剖から出発しているのであります。ここに決定的な間違いの全てがあります。ですから、過去、これだけノーベル賞を取得した人がいても病気は増え続けているという現状があります。ましてや、がんに至っては人智では到底解決できないものがある。

(がんが無ければ人の命など存在しない)
十数年前にNHKで放映された「生と死の謎に迫る」で喝破されている。くどいが、地球上での生命の出発は約35億年前にがん細胞から出発している。その証拠に元気な健康な人でも一日にがん細胞は数千から数万の数で出来ている。それを免疫システムの力で排除している。これを説明するには生命の出発から説明しなくてはならなくなる。それも、老人から子供まで分かるように。

(地球上での生命の出発)
何回も同じ様な事を言いますが、地球は約46億年前にできたといわれております。それから彗星が水を地球に運んできて海ができ、地球が出来てから10億年過ぎた頃に海の中で生命が発生したと言われ、その時点では余りにも地球上の環境が悪くその中を生き抜くためにはがん細胞でなければならなかったといわれている。これは人智の知るところではありません、地球をお作りになられた方でないとわかりません。事実、生命の出発はがん細胞から出発したのです。いくつもの証拠があります。
命に関しては一番は体温です。幾ら立派な内臓を持っていても、また体を持っていても、体温が無ければ命は保つ事はできません。その証拠に医学書に書いてあります。冬山で遭難して体温が33度になると幻覚が見えるそうである。30度で意識が無くなる。29度で瞳孔が拡大する。27度が死亡温度であると書いてある。風邪を引くと熱が出る。それは風邪ひきを直そうとする体の反応であります。決して解熱剤をつかって体温を下げてはダメなのです。
マラリアと云う病気があります。マラリアに感染しても解熱剤を使わず、しかし頭だけは徹底的に冷さなければなりません。病気は全て熱が出る事になっております。これは全て自分で自分を治そうとする反応なのであります。十数年前に医者を辞めて執筆と講演をされておられる元医者の講演を聞いたとき、患者が43度の高熱で苦しんでいると連絡があった。頭を徹底的に冷して、解熱剤で解熱せず、辛抱させたら一週間でがんは消えたとの話があった。研究者はなぜ熱が出るのかを研究しないのか、医学の世界は全て場当たり式で行うので解熱剤を使う。これは邪道なのであります。
人間の持つ平熱(基礎体温)は36度5分から37度3分までである。子宮がんの人が酵素風呂で37度2分まで体温を上昇させたら、ある日、下からがんが排泄されてしまったのであります。今も元気です。医者もびっくりしたと言う。しかし、医者も誰もその現象には注目せず、それを研究しようとしない。
こんな話もある。この方は韓国の女性の方です。大変立派なお方です。その方の弟さんはアメリカの市民権を持たれ、数十年前からアメリカに済んでおられます。大きな病院に勤められ、薬剤師として働いておられたのですが、4年程前にがんになられ、それを知ったお姉さんは韓国で無く、弟さんを日本の私の酵素風呂に連れて来られたのです。来られた時は痩せて歩行が困難なほど弱っておられました。4週間ほど寝泊りされ、体力があったので、1日2回ずつ酵素風呂に埋まっていただきました。すると、目を見張るように元気になられたのです。そしてアメリカに帰って行かれました。それから4年後に韓国からお姉さんが友達数人を連れて来られたので、弟さんの事を聞きましたら今も元気にしておられるといわれました。
どうも医学界は見向きもしない。現在の医学界は途方もない方向に進み、間違いをしていると思います。このような話はがんに限らず、あらゆる種類で無数にあるのに医学会は研究をしようともせず、とんでもない方向に進んでいると思います。
現在、医学では治らないと言われる物が、私の酵素風呂や分家の酵素風呂では次々と改善されている。実例は山ほどある。まさに自分で自分を治す世界です。
健康の全ては体温で決められている。基礎体温が37度3分に近づくと自然治癒力が強くなり、体中の機能が100%正常に働くので、自分で自分を治すのであると考えられるのであります。
人類のつくった医学は死体解剖から出発して、基礎体温を放置し、忘れ、進めば進むほど迷いの世界に入り、訳がわからなくなっている。体温とは何ぞやを今こそ研究する時が来たと思うものであります。
全国に酵素風呂と謳っているところが沢山あるが、本物の酵素風呂は殆どない。本物の酵素風呂に埋まると何故体温が確実に上昇するのか、はっきりした理由がある。
私達の体の中には100兆個の微生物がいると云われる。その微生物が分泌するものが酵素であります。同じものを食べても、肉になり、骨になり、血になり、毛になり、これ全て酵素の働きであります。私達の体には100兆の微生物が存在します。本物の酵素風呂の中には1グラム中、100億くらいの微生物が存在すると思われる。その本物の酵素風呂に全身を包まれると体内の酵素と酵素風呂の酵素が熱と言う信号で交信するのであろう。体内の酵素が熱を引き込む。酵素風呂の酵素が体内に熱を押し込む。共同作業により、骨が汗をかくほど温もるのであります。本物の酵素風呂というものは、酵素が生きているという事。偽の酵素風呂は殆どの酵素が死んでいる。温度のみに気を取られ、酵素そのものを知らないから。

上下左右を併せ持つ
体温がない死体解剖から出発した現在医学を冷たい世界と見てあえて平面の世界と表現させてもらいます。

膨大なお金と時間を費やして、冷たい世界の平面の上で現在医学は左のものを右に移動させたり、右のものを左に移動させたり、後ろのものを前に移動させたり、前のものを後ろに移動させたりする移動の世界です。移動の仕方を色々変えて移動のテクニックの仕方でノーベル賞うんぬんと言っている。そこには本当の世界がないから病人は増えるばかりであります。

温かい上下の世界を入れなければ立体にならない。全体がわからない。本当が解からない。温かい上下の世界と冷たい平面の世界があいまって始めて立体の世界がわかる。これからはその世界を深く研究する時代が来た。

温かい上下の世界を知るためにはどうしても心の世界を深く知る必要がある。なぜかと言いますと、感謝をすると体温が上がる。腹を立てると体温は急激に下がるからです。その様に心の世界が現象の世界に恐ろしく関係しているからであります。

冷たい世界は感謝もない。お金ばかりの世界です。贅沢をすると体温は下がる。暴飲暴食をすると体温は下がる。食べ物を粗末にすると体温は激しく下がる。
体温を上昇させると嬉しくなる。嬉しくなると感謝をする。するとより体温は上昇する。良い連鎖が始まる。冷えてくると小さくなる。不思議に腹が立つ。硬くなる。痛くなる。これは悪の連鎖であります。良い方向にも悪い方向にも連鎖がある。これは癖が付くと表現すると良い。

2018年10月17日 14:24ぬかに釘じじいの寝言
コメントの投稿フォーム
お名前
パスワード
画像添付
コメント本文