[ぬか天国に本物の人間、本物の医者が現れる]

カテゴリぬかに釘じじいの寝言
白川太郎医学博士
京都大学医学部卒業後、オックスフォード大学、大阪大学で研究を重ねる。
京都大学大学院教授に就任。
退職後は九州や東京でクリニックの院長や理事長を務める。

世間一般の医者は一皮むけば金儲けを主眼にした人が多い。
総合病院などはサラリーマンの医者が多い。
日本はおろか世界でもまれにみる医学博士がぬか天国の私の所に来られた。
この方はまさに神が準備された方です。
その証拠はあります。地位、名誉、金、財産、見栄、体裁にこだわられない。純粋無垢な方、邪心や私欲のない、ひたすらそのことだけに関わるそのような方です。
経緯から申し上げます。
日本の方ではありますが、現在ミャンマーに在住の茂木さんという方が、
2018年10月14日突然来られる。茂木さんは6,7年前から私のブログを見て下さっておられたそうです。帰りに、私が出版した農業の世界からガンを見た本を買われて、東京にお帰りになられて、一週間後の10月21日にまた来られたのであります。
今度は医学博士の白川太郎先生とであります。


茂木さんが買って帰られた私の本を白川先生に渡し、読まれた先生はすぐ兵庫県の三木に行こうということになったそうです。
お二方を神戸電鉄の志染駅まで、看板車の軽自動車でお迎えに行った。
すると、風もかまわない白川先生を見た。何の抵抗も無くごそごそと車に乗ってこられた。私は「あっ。本物の医者ではないかと思った」
そして、白川先生はぬか風呂を体験されて帰って行かれた。
私は神教えがある。
一部始終を神教えの世界から見て、この医者は本物だと感じた。
毎年ぬか天国は年明けに全国の総会をする。総会で白川先生に話しをしてもらえないかを、茂木さんを通じて白川先生に聞いてもらうと、
2月5,6,7日が空いているとのことでした。即座に2月6日にする。
総会の日が来た、全国から50数名の分家の方が来て下さり、白川先生の話を聞いてくだっさて、皆さん大変喜ばれたのであります。
これからぬか天国も次のページが開かれ、舞台が変わる時が来たように思います。
竹内式酵素風呂の本家も責任が重くなりました。
白川先生のような純粋な方を迎えて、これから進む上からには、
白川先生の心を裏切らないように、心の勉強を怠らず、粛々と前進につぐ前進をしていくと、益々と素晴らしいぬか天国になることを本物の酵素は知っていると思われます。
2019年03月10日 16:57ぬかに釘じじいの寝言
コメントの投稿フォーム
お名前
パスワード
画像添付
コメント本文