善玉菌

土中の良い環境作りの一つに、有用菌を多種多量に生息させることが大切である。

兵特肥第419号      善 玉 菌

【前書】
長年連作をしてきた所 (特にハウスや畑作の所)は、堆肥を入れ腐植を多くするだけではだめです。
堆肥を入れ、同時に有用菌(善玉菌)を投入しなければ連作障害は直らない。又秀品は出来にくいし、増収も出来ません。いかなる良い菌と言えども、10a当たり20kgや30kg投入しても悪玉菌に即座に食い殺されてしまい、何の効果もありません。土壌の中の世界においては、敵(悪玉菌)が1個師団ならば、味方(善玉菌)は、最低4個師団位は投入しなければ勝目はありません。良い作物を育てるためには、土の中を良い環境にすることが必要です。
【特徴】
○ 菌体であり、生きた生物体肥料です。
○ 善玉菌である、乳酸菌群、酵母菌群、光合成細菌群、放線菌群に各種酵素、生理活性物質、ビタミン、ミネラルを加え、多種多用に繁殖増殖させてあります。
○ 土壌中の有用菌(善玉菌)のエサとなる物には海藻、及びカニガラなどが特に良いので使用しております。
○ 有用微生物の住みかとしては、活性炭、及び粘土鉱物を使用しております。
○ 土壌改良を進め根には優しく、あたたかく、作物に必要なミネラル、微量要素が充分に含まれ、しかも、作物に吸収され易い形態に構成されていますので、おいしい良い作物が出来ます。
○ 連用すると、青枯れ病、根コブ病、イオウ病、ソーカ病、モンパ病、その他困る病気が激減して、非常に作り易くなります。
【材料】
①米ヌカ ②粉砕もみがら ③カニガラ ④海藻 ⑤活性炭 ⑥粘土鉱物 ⑦(ラクトバチルスを含め)多種有用菌群 ⑧糖蜜⑨魚粕
【施用方法】
全面散布して耕運して下さい。(耕運は加湿状態でお願いします)
直射日光を避けて散布されたら、出来るだけ早く耕運し、スキ込んで下さい。その後水分をしっかり与えて下さい。

               
【分析例】                        
(N) 2 製造元販売
(P) 2                          
内容量 35リッター