ガンに付いて

日本語(漢字)にはそれぞれ深い意味がある。癌(ガン)と言う字も「山いだれに口が3つに下に山」と書く、これは食べることだけでなくあらゆる物に対し贅沢をするとガンになるよ!という警告の意味です。それに気付かず長年贅沢を続けると必ずガンになる。 贅沢とは世界中に困った人があるのに、自分にはお金がある、別に人には迷惑をかけていないと贅沢をする。中にはお金を借りてでも、お金を盗んででも贅沢をしたいという思いで困った人を横目に好きなことをする。現在の日本ではお金さえあれば何でも手に入る、(食べる物、着る服、住む家、自動車、身につけるもの、旅行する)贅沢をすると必ずと言っていいほどガンになる。ガンになる原因の第一は贅沢、自分中心のわがままな生活です、原因の第二は先祖がガンで死なれた一般では筋を引く、先祖の不成仏、これを悪因縁と言う、原因の第三は本人の今生で作った罪、悪癖も直さず自己中心で利己でわがままで好き勝手に生きてきたツケがガンという現象で現れる。
『超大型の米ぬか酵素風呂とガンに付いて』
【ガンが皮膚の上に突き出ている写真】
537_1.jpg
 〈説明〉
この方は直腸ガンの方です。 縦横12m、深さ1mの土俵型の超大型の米ぬか酵素風呂の微生物が放出する生命波動熱はすごい。体の芯、骨まで熱を届ける。すると体内にいるガンは温度の低い涼しい外部に逃げて出てくる。出てくるとガンはただの吹き出物です。毎日ぬか風呂に入り続けるとこの吹き出物から膿が次々出てくる。膿が出なくなり突き出ている吹き出物が取れるとガン細胞は裏に帰りガンの症状はなくなる。これは一例ですが人によりさまざまな形で体外に逃げて出てくる。面白い、ガンを怖がる必要はない。ただし、抗がん剤などを使用すると体外に出てこない。何故か?ガン細胞は抗がん剤などに鍛えられ強くなってしまっているから。正常細胞は抗がん剤などにより弱り切ってしまっている。